人質をとっていると思われたくないから先に手の内を明かす | u95xif | sa.yona.la help | tags | register | sign in

人質をとっていると思われたくないから先に手の内を明かす

reply

・・・というリカルドマーセナスの台詞は割と好きなので手の内を先に明かしますが、Sexyランジェリーの虜は大好きにも拘わらず件の童貞を殺すファッションシリーズは食指どころかすね毛すら動きそうにありません。

posted by u95xif | reply (1) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: 人質をとっていると思われたくないから先に手の内を明かす

「童貞を」というところに罠がある気がします。

reply

AVをファンタジーとして肯定できるかどうかは、「現実」への知見があるかどうかではないか。


ハリウッド映画の爆発シーンなんて、あんなの、無理じゃないすか。たかが車1台吹っ飛ばしたくらいであんなキノコ雲上がるもんか。たいていはビクッと震えて煙が一瞬出て、数秒後に明るい炎がボワッとメラメラ上がって終わりだよ。1tのものを2階まで持ち上げる爆薬ってどれくらい要るのか。美味しそうなホットケーキの写真に映ってるメイプルシロップは実は機械油かPhotoshop。悲しいけどこれ戦争なのよね。


童貞を殺すシリーズは、あくまで、ファンタジーを現実に寄せようとしたらこうなるけどこれ無理だからね?ってスタンスであるはずで。うおおおお!「はいてない」! こうです。

ある意味、チキンレースでもある。めくったら負け、手ぇ突っ込んだら負け。だって、、、あれ1回脱いで、そこらへんに放り出して、また着る時、結構ぶざまだと思うの。。。こっちが(そういう状況では多分)賢者タイムに入ってるからかもしれませんが。

もちろん、その事後っぽさというか「俺の前でこれを着てくれるという関係」がいいという好みがあっても否定はしません。それはそれ。ああさっきヤったんだなあと思えばいいし、その後で2人で飲みに行ったときに他の客からの視線を感じても「お前らこの服の中は知らないだろうけど俺はさっき全部見た」とか思えばいい。

ただ、それ以前に、あんなの着て街を歩けるもんか。現実では家の中でだってなかなかない。裸エプロンの方がまだあり得るくらい。あ、裸オーバーオールなら多分わりと好きです(照)。でもあれも「ゴワゴワするし止めときなよ」って言いたくなるとは思う。


そのスタンスはAVも同じだろうし、ラノベの異世界転生ハーレムとかも、まあ、多分、ない。

ああいうのは、お話。もちろん絶対ないとは言わんけど(悪魔の証明)。

服が人を殺すのではない、中の人が人を殺すのだ


以下蛇足。

高層階育ちの子には高所恐怖症が少ないと聞いたことがある。ベランダとかからの景色で慣れてるので。

これが本当だとすると多少まずい。それこそ「ゲームの影響」とかでアイキャンフライされてしまうと終わる。「マリオブラザーズ(notスーパー)で下からキンタマ叩いてもらえば上階に復帰できると思った」などと供述しており

こういうのはジャングルジムの2階くらいから飛び降りてヒザッコゾ擦りむいて頭にタンコブ作ってわんわん泣く程度で済ませたい。そこは親の腕次第なんですかね。言っちゃ悪いけど、3歳くらいの子ってまだまだ言葉通じないから。

「リアル姉妹がいる人には姉妹萌えが少ない」くらいが穏健か。なお義姉妹モノは防ぎようがありません。


蛇足2。

着衣モノは「それを自分で身に付ける」というジャンルもあるんだった。これはかなり文化的だと思う(脱ぎたてみたいな、匂いや体温、くんかくんかハスハス系は本題ではありません)。

そういえばどっかの女性服ブランドで、ブラウスの前合わせが右前になってるのがあったな、、、「彼氏のシャツを借りてる」という設定なんだそうです。天才だと思った。服の貸し借りっていいよね。異サイズだとなかなか難しい。一方通行になりがち。服ばっかりは、小は大を兼ねにくい。

おねショタとかはそっち方面の充足でもある?ショタまで行かずとも、例えば「自分より身長が低いひとが好き」という異性愛女子からの需要ってどれくらいあるんだろうか。そしてそこへの供給は。


3。

初老の男性が、亡き妻の着物を羽織って、握りしめた陰茎をまろび出させたまま脳溢血で死んでるようなケースって意外とあるみたいです。

これは相当つらい。いろいろきっつい。でも……多分、すごく、わかる。

この死に方を心の底から一点の曇りもなく貶せる人はいないと思うけど、でもごめん、とりあえずみんな、やっぱりちょっと笑うことは笑うというか困るよね。せめて意識を失った瞬間だけは幸せであってほしい。

そして天国に着いた瞬間に妻から往復ビンタ喰らっててほしい。漫画で言うと、単行本の話の間の白いページの片隅で。もちろん、2人とも同じ天国に行けてそこで逢えてることが前提です。

posted by zig5z7 | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.